« 『愛と誠』…えぇっ!!! | トップページ | 今夜のTAKUMIZMは… »

一年

2011年3月11日
未曾有の大震災が東日本を襲いました

あの日から今日でちょうど一年です

東日本大震災により被害を受けられた皆様に
謹んでお見舞い申し上げます

もう一年か…と思える私は幸せなのだと思います
被災された方には 長い長い一年だったことでしょう

先の見えない 長いトンネルの中を
ひたすら歩いておられる方が
まだどれだけたくさんいらっしゃることか…
そう思うと胸が痛みます


あの日
私は『江』の撮影を見学しに訪れていた
渋谷のスタジオパークで地震に遭いました

今まで経験したことのない長く激しい揺れの中で
慌てて息子の携帯に電話をかけたのですが
既に繋がらず

結局、この後午後10時くらいまで
通話もメールも全く繋がりませんでした

この日 学校が休みだった息子は
一人フラフラと秋葉原へ遊びに行っていたのです

首都圏の交通網は麻痺し 
電車はどの路線も終電まで運転見合わせが早々に決定
人が溢れ返った原宿駅で 私は一人途方に暮れました

最初の揺れからあまり時間が経っていない時に
すごく大きな余震があって
歩道橋や信号機がゆらゆら揺れるのを観た時
ただ事ではないなと思ったものの
まさか東北であんな大惨事が起きていたとは
思いもしませんでした

バスは動いているらしいとの情報を得て
バスターミナルのある渋谷まで歩いて
新橋行きのバスを一時間待ち
ぎゅうぎゅう詰めで乗ったはいいけれど
道路が大渋滞で 全然動かないのです

結局 二時間乗ってもまだ麻布あたりで
埒が明かないので途中下車し
道を訊きながら ひたすら歩いて秋葉原へ向かいました

午後9時過ぎ やっと秋葉原駅に辿り着き
駅員さんに呼び出しのアナウンスをしてもらうと
1分もしないうちに息子が走って来ました

安堵と疲労で腰が抜けそうになりましたが
この後どうするか考えなくてはいけません

タクシー乗り場は当然長蛇の列
近くのホテルもネットカフェも満室です

取りあえずカフェで休んでいて
iPodを持っていたことを思い出し
FM放送を聴いてみると 
都内の避難所情報を細かくアナウンスしていました

避難所という発想は全くなかったので
カフェの店員さんに近くに避難所はないか訊いてみたところ
親切に調べて教えて下さいました

無事近くの避難所に辿り着き
主人とも落ち合えて 家族で一泊させていただきました

避難所にはテレビがあって
私はその時初めて何が起きたのかを知りました

津波の映像はまるでCGみたいで
とても現実の出来事とは思えなくて
ただただ茫然と 繰り返される映像を見つめていました

その夜は大きな余震が何回もあり 不安もあって
結局一睡もできず朝を迎えました

その時はとても大変だと思ったけど
家族や親戚が皆無事で 帰る家があって 
計画停電や商品の品薄など多少の不便はあっても 
すぐにライフラインが整っている
安全な生活に戻れたことがどれだけ有り難く幸せか 
被災地の様子をメディアで知るたびに痛感しました

阪神淡路大震災の時は 大変だなぁと思いつつも
自分の生活に直接影響しなかったこともあって
正直 他人事みたいに感じていました

でも 今回は違う
もちろん東北で被災された方と比べたら雲泥の差だけれど 
同じ千葉県内に何か所も被災地があったし
私が住む地域も原発の影響を多少なりとも受けていたので
自分の生活も不安定 でも何かしなくちゃ…という思いで
落ち着かない毎日でした

原発の影響を心配して地方へ避難する友人がいる一方で
被災地支援のため走り回っている方もいて
同じ首都圏に住んでいても 
何だかみんなバラバラな方向を向いている気がして
いったい自分はどうしたらいいのかわからなくなって
わけもわからず落ち込んだりしていました

そんな時 斎藤工務店から発信される工さんの言葉が
私の指標になりました
工さんは 震災直後からブログを通じて被災地の方へ 私達へ
常にメッセージを送り続けていましたよね

ブログの文章からは 
その時その時の工さんの心情が痛いくらい伝わって
時には無力な自分に苛立ち 
被災地に想いを寄せるあまりに言葉が強くなって 
何もできないでいた私は
何だか責められている気持ちになって
落ち込んだりしたものです

工さんは人の痛みに寄り添い過ぎて…
読んでいる方が辛くなることもありました
(今読み返してみると そこまでの痛々しさは感じませんでした
 当時は私も心が弱っていたのでしょうね)

正直 一人の役者さんが何もそこまで考えなくても…
と思ったこともあったなぁ

不器用な人なのかもしれないと思いました
でも、その嘘のない真っ直ぐな言葉のおかげで 
今までの自分だったら絶対しなかった行動を
起こす勇気をもらったんです

些細なことだけど 無理のない範囲で
自分にできることを探して実行するようになったのは
工さんのおかげです



あれから一年
一昨日 工さんが思いがけず仙台を訪れることができたのは
単なる偶然ではない気がして仕方がありません

もちろん工さんの行動力が大前提なのですが
この一年間 片時も被災地のことを忘れず 
音の力を再確認して音楽活動を始め
映画というエンターテイメントを東北に届けるために
一生懸命力を尽くしてきた工さんの想いが
彼を仙台に連れて行ってくれたんじゃないかな…
なんて思っています

工さんがいつも言っているように
被災しなかった私たちがしなくてはいけないのは
この大災害を風化させないこと 忘れないことなのだと思います

そして 無理のない範囲で自分のできる支援を続けることですよね
(無理すると続かないので…)

工さんは被災地の支援に力を入れている役者さんですが
芸能界には同じような想いを持って
活動されている方がたくさんいらっしゃいます

被災地に映画を届けるプロジェクトを立ち上げている
俳優の伊勢谷友介さんもそのおひとりですし

工さんがブログで紹介していた
元レミオロメン・藤巻亮太さんの「光をあつめて」という曲は
彼が被災地で歌い続けてきた曲だそうです
(この曲の売上によるアーティスト本人の収益は
 東日本大震災の災害復興支援団体を通じて
 寄付することが決定しているそうです)

被災地で開催された嵐のミニコンサートもとても良かったと思います

自分の応援しているアーティストを通じて
支援活動に参加することもできますよね

現在表参道ヒルズで公開されているLeisly Kee さんの写真展も 
写真集の売り上げは全て震災の支援金として寄付されるそうです

他にも身近なところで支援活動を行っている
企業やショップがたくさんあると思うので
できることを少しづづでも続けていきたいと思います


何だかとりとめのない文になってしまいましたが
東日本大震災から一年経った今日 感じたことを綴ってみました

犠牲になられた方々のご冥福と
被災地の一日も早い復興を 心よりお祈りいたします

                     sako

« 『愛と誠』…えぇっ!!! | トップページ | 今夜のTAKUMIZMは… »

その他」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222554/54191191

この記事へのトラックバック一覧です: 一年:

« 『愛と誠』…えぇっ!!! | トップページ | 今夜のTAKUMIZMは… »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ