工さん

カレンダー

我が家には工さんのカレンダーが3冊ありますflair
複数お持ちの方 きっとたくさんいらっしゃいますよね?


これをどうやって飾ろうか?とあれこれ考えました

ベッドサイドに置ければいいのでしょうが 
うちにはそんな気の効いたスペースもなく…sweat02

リビングに置くと家族からクレームが来るし
(関ジャニ∞の写真は全然OKなのに 
 なぜか工さんは嫌がる息子…)

でも工さんは「来年を一緒に過ごして下さい」って言ってたし
何とか自分だけでコッソリ楽しみたいcatface

試行錯誤の結果 こんなふうに使うことにしましたflair



続きを読む "カレンダー" »

『笑う巨塔』東京千秋楽

ちょっと時間が経ってしまいましたが…

『笑う巨塔』東京千秋楽 無事終わりましたね~shine
いやいや ラストはもう想像以上の盛り上がりで
鳥肌立ちましたよthunder

千秋楽ならではのアドリブもたくさん飛び出して
お芝居も今まで以上に楽しめましたhappy01

上演後 キャストの皆さんが舞台に出てくると
割れんばかりの拍手 
そしてスタンディングオベーション!!

千秋楽ということで 
宅間さんからキャスト全員の紹介があったのですが
皆さん感無量という感じで目がウルウルでしたweep

拍手は鳴りやまないどころがどんどん大きくなって
役者さんの名前を叫ぶ声 キャーキャー黄色い声援 口笛…
会場は今まで感じたことのないような熱気に包まれていましたimpact

その様子を驚いたような表情で見ているうち
みるみる目から涙が溢れたのが藤吉久美子さん
もうず~っと泣いていらっしゃいましたねcrying

ラストの挨拶を務めた金田さんも 
宅間さんから振られた時から既に目が真っ赤だったしsweat01

他の役者さんも 皆さん泣いてました
(人一倍涙もろいと思っていた工さんだけ
 泣いていなかったのがちょっと意外でしたがwobbly

お客さんの生の反応が何よりのご褒美なのでしょうね
これがきっと舞台の醍醐味なんだろうなって思いながら 
皆さんの表情を見ていましたeye

みんな本当に良い顔をしていましたよ
普段はあまり涙もろくない私まで 
思わずもらい泣きしてしまいましたweep

あまりの盛り上がりっぷりに 宅間さん
「まだ地方公演がありますんで…」と苦笑いでしたがcoldsweats01

私の席は下手(しもて)側だったので 
工さんからは遠かったのですが 
弓削智久さんがちょうど目の前だったんですflair

もうね~ヤバかったです 弓削さんheart04
素敵過ぎlovely

リアクションがいいんですよheart
私達が「弓削っち~」ってキャーキャー叫ぶと 
すごく恥ずかしそうにこちらをチラっと見て 
視線を外しながら少しだけ笑ってくれるんです
そのシャイな感じがたまりません(≧∇≦)

私が長年応援しているジャニーズの子達は 
キャーキャー言われるのがお仕事だから
ファンにニッコリ笑顔で手を振るのが当たり前なわけで 
そんな環境に慣れていた私には
弓削さんのリアクションがめちゃくちゃ新鮮だったんですshine

工さんは工さんで 舞台挨拶なんかの時も
ファンに対しては基本的にSなのかな?
名前を呼んで手を振っても 
あまり目を合わせようとしないしねsweat02

昨日は開演前のふれあい動物園で
やっと弓削さんのサインがもらえたので
すごーく嬉しかったですup
(オマエ誰のファンなんだって感じですが…)

そして 
スタンディングオベーションでヒートアップしたまま
ダンスタイムに突入ですdash

「ハイハイハイ!」の掛け声のところでは
ビックリするくらい大きな声が劇場に響いて
前方の席だった私は圧倒されましたwobbly

工さんのダンス 堂々としていて切れ味抜群でカッコ良かった~happy02
初日の恥ずかしそうでちょっとぎこちないダンスが嘘みたい
(あれはあれですごく可愛かったけど…)

客席で一緒に踊っている人もすごく多くて
まるでライブみたいな一体感でしたnotes

思えば振り付け動画がアップされたばかりの頃
張り切って覚えて行ったものの 
立って踊っている人なんてまだほんの一握りしかいなくて
浮いている自分が気になって
思いっきり踊れなかったものですが
この日は人の視線なんて全く気にならなかったですgood

いや~出し切りましたupup

舞台と客席が一体となって 
キャストさんも私達も汗びっしょりsweat01

舞台を観に行って
こんなにハイテンションになったのは初めてです
観るだけじゃなく 
参加できる舞台なんてなかなかないですよね?
まさにテーマパークだと思いましたcarouselpony

ダンスの後もなかなか拍手が鳴りやまず 
カーテンコールで宅間さんから再びご挨拶

宅間さんからは 毎回上演後に挨拶があったのですが
内容は全く同じだったんです
でも この時の宅間さんは全然違いました
心から感動しているのがすごく伝わって来て
ジーンとしてしまいましたweep

「解散するのはもったいないと言ってくれる方が多いので
 また近いうち必ず帰ってきます!」
 って感じのことを力強く言ってくれました
(ニュアンスです 言葉は全然違ってたと思いますがsweat02

数回のカーテンコールの後
やっと客席が明るくなったので後ろを振り返ると 
お客さんはみんなニコニコですごく良い笑顔だったんですよねhappy01

私も充実した気持ちで胸がいっぱいでしたshine
変な言い方だけど 連帯感とか 達成感とか…
今までの舞台では感じたことのない不思議な感情でしたconfident

一番近いのは 
コンサートツアーのオーラスを見届けた後の気持ちかな?

当初4回観劇する予定でチケットを取っていたけど
当日券で2回入れたので 全部で6回観ることができました

チケットを取った頃は
週に1回も観たら飽きるんじゃないかと思っていたのに
観れば観るほどもっともっと観たくなる 
不思議な中毒性のある舞台でしたcatface

私は工さんのファンなので 
工さんが出ているからこの舞台を観ようと思ったわけですが
それだけではこんなに何回も劇場に足は運べません

何度観ても全然飽きなくて 
もっともっと観たくなってしまうのは
作品自体の面白さと キャストさん達の魅力なんですよねflair

16人がそれぞれ個性的で 面白くて 芸達者で 
生き生きしていて ステキでカッコ良くて可愛くて…
もうもう みんなが愛しくてたまらなかったんですheart04

特に ふれあい動物園や前説
終演後のロビーなどで直接ふれあうことができた役者さん達は
すごく身近に感じられて 
こっしーさんなんてもう勝手に友達みたいに思ってたし

逆に お芝居の中でしか会えなかった芦名星さんは
ちょっと遠い存在だったかもdown
(事務所的にNGだったんでしょうかね~?!)

この一か月間 工さんだけではなく 
キャストの皆さん全員からたくさんのパワーをいただきましたrock
本当に楽しかったですhappy01
ありがとうございましたm(__)m

ほぼ毎日 29回も同じ作品を演じ続けること 
高いテンションを保ち続けることは
ものすごく大変だったんだろうな~と思いますthink
体調が悪くても 穴を開けるわけにはいかないし
(弓削さん、初日は40度の熱があったそうですよねsweat01

まだまだ舞台は続くわけで 明日から更に25公演!
改めて 舞台役者さんって凄い!って思いました

このあと始まる地方公演はどんな雰囲気になるんだろう?
見届けたい衝動に駆られましたが 
さすがに6ヵ所もの地方に遠征なんて無理なので
名古屋の大千秋楽までは大人しくしていようと思いますcoldsweats01



最後に…
私が大好きなシーンと工さんのお芝居のツボをちょっとだけwink
(本筋のネタバレには触れていませんが 
 真っさらな状態で観劇したい方はスルーして下さいねm(__)m)






heart車田先生(伊藤高史さん)から蓮太郎(工さん)との仲を疑われ
 「お医者さんごっこしたことある?」と問い詰められた時の
 看護師・洋子(井村空美さん)の表情

これ何度観ても最高ですhappy02
あの綺麗な井村空美さんがあんな顔するなんて~
この表情は近い席じゃないと確認できないので
後方座席の方はぜひ双眼鏡を持参下さいねflair
必見です!!

heart看護師長が歌う「マイウェイ」

松本アッコさん 本当に歌がお上手なんですよね
聴き惚れますear
回を増すごとに歌声もパワーアップしているような…
前列下手の席にはいいものが降ってきますので 
キャッチする準備を忘れずに!

heart富雄(宅間さん)ととしお(弓削さん)の絡み

もうどれも大好き!
中でも久し振りに会った富雄に殴られたとしおが
 「もう昔のオレとは違う」と啖呵を切るシーンから
ジッポのライターまでのくだり
わかっているのに毎回爆笑してしまいます(≧m≦)
必死な弓削さんがとにかく可笑しい キュンキュンしますlovely

そして…私が一番好きなのは 

heart代議士・浜村惣一郎(石井愃一さん)が富雄から仲間外れにされて
 「入れて~入れて~」ってなりふり構わず懇願するシーン

なのですflair
この惣一郎さんがね~何とも憎めなくて可愛いキャラなんですよねhappy02 
もう大好きですよheart04
富雄と浜村惣一郎氏の絡みは小さい子供も爆笑した名シーンです!

他にも親方の貝シリーズとか おかみさんのサザエさんとか…
好きなシーンがたくさんあるんですけど 
ネタバレになるのでこのへんでm(__)m

そして工さんの萌えポ 
もう数えきれないくらいあるんですけどねcoldsweats01

へしゃむくれ・えりちゃんの彼氏として
親方に紹介された時のイケメンポーズとか~

喜多陽子ちゃんの頭ポンポンとか~

「新聞記者さんっっっ」の表情はめっちゃ笑えるし

デビさんとの真剣な掛け合いも超~素敵shine

ラストでえりちゃんに追いかけられて逃げまくるシーンも最高です(≧∇≦)

劇中 蓮太郎さんが走るシーンが結構あるんですけど
工さんの走り方ってなんか可愛くないですか?

でも何と言っても
駿河太郎さんの首筋に息をフウフウ吹きかけてる工さんheart
色気だだ漏れでヤバかったです(≧∇≦)
顔がめっちゃ近いんですもん…
やっぱり工さんってSだわsmile

あ~もうキリがないですねcoldsweats01

東京公演をご覧になった方も これから観劇される方も 
きっとそれぞれのツボがたくさんあると思います
大千秋楽が終わってから
みんなで萌えポ語りしたら楽しいだろうなup

明日から札幌公演を皮切りに全国ツアーが始まりますね
参加される皆さん “移動式遊園地”を満喫して下さいねwink

続きを読む "『笑う巨塔』東京千秋楽" »

『笑う巨塔』初日 ※追記あり!

行って来ましたよ~happy01

もうもうもうもう 最高の舞台でしたhappy02
笑い過ぎて涙出て来たし 腹筋痛いし
喉もカラカラで痛くなりましたcoldsweats01
笑いジワも絶対増えたと思うsweat02

昨夜からゲネプロの様子や会見の様子が
ネットのニュースにアップされているし
今朝の目ざましテレビでご覧になった方も多いと思いますが…

工さん 髪をかなり短くしてお髭も剃ってましたwobbly
ここのところ“髭たくみん”に慣れていたのですごく新鮮だったし
こういうビジュアルだとやっぱり若いな~って印象でしたshine
すごく可愛くて 三十路には見えませんでしたねlovely

昨日の会見で宅間さんが言っていた通り
この舞台は遊び心満載で
遊園地で言うところのアトラクション(?)が
あちこちに仕掛けられていましたflair

劇場の女性スタッフさんがみんなナースコスプレだったり

上演中も飲食可だったり

会場内で写真撮影OKだったり(上演中はもちろんNGですよdanger

開演前の舞台に日替わりでキャストが2名ずつ出てきて
お客さんと触れ合えたりshineshine

昨日登場してくれたのは
宅間さん&駿河太郎さん(鶴瓶さんの息子さんですね)で
パンフレットにサインをしてくれてました

宅間さんがツイッターで「早く来るといいことあるよー」って
言ってたのはこれだったのね!と納得flair

私は残念なことトイレに行っていたので
並ぶタイミングを逃してしまったのですがdown
これから行かれる方は是非早めに劇場に行ってみて下さいね~

触れ合いタイムの後は恒例の前説です

登場したのは伊藤高史さんとコッシーこと越村友一さん
お二人とも本当に面白いんですよね~happy01
越村さんは今春観劇した「ピリオド」の蟹江さん役で
すっかりファンになってしまいましたcatface
(素のコッシーさんはイケメンですよねshine

ここで拍手の練習をするのですが 
初日なのにコール&レスポンスもバッチリで 
お二人とも大満足の様子

心の準備もできたところで いよいよ舞台開始です

これはもう観ていただくのが一番なので 多くは語りませんsmile
(っていうか この作品のレポなんて無理~sweat02
とにかく2時間笑いっぱなしでしたhappy02

すごくテンポがいいので最初は付いていくのが大変だったけど
すぐに宅間ワールドに引き込まれますよdash

登場人物が多くていくつかの人間関係が交錯しているので
混乱しやすい人(←私)はあらかじめパンフレットの相関図で
予習して行く方がいいかもcoldsweats01

いや~皆さん芸達者で本当にお芝居が上手なんですよねshine
笑いだけじゃなくてホロリとさせるシーンももちろんありましたよweep 
(金田明夫さんには泣かされます!)

そうそう 芦名星さんの弾けっぷりにはビックリですwobbly
ドラマで見せるクールな姿しか印象にない方には驚愕だと思います
あんなモノマネまで…ww
あの美しさでこんなにコメディエンヌの才能ある方だったとは
ビックリでした

工さんと女性キャストさんとの絡みが気になる方もいるかと思いますが
ラブシーンはないのでご安心をsmile
比較的絡みが多いのは喜多陽子ちゃんかな
(工さんが陽子ちゃんの頭をポンポンするシーンがありますheart

あとね 
私が注目している弓削智久さんが超素敵でしたshine
「ピリオド」のお芝居がもうもうめちゃくちゃ良くて
すっかりファンになってしまったんです
あ~カッコいいなぁ~lovely

そして工さんのお芝居ですよ!

もう…振り切ってましたね!! 
今まで観たことのない表情がたっくさんwobbly
BOTRのマルちゃん張りに表情筋使ってたんじゃないかな?!
驚いた顔や焦った顔を滅多に見せない工さんなので
この舞台の表情七変化はすごく貴重ですsmile

声もめちゃくちゃ張ってて 
工さん こんな大声出るんだ!なんて
おかしなところで感心してましたcoldsweats01
とにかくドラマで観る工さんとは全く違いますwobbly

工さんが言ってた通り 
笑わせるんじゃなくて笑われてましたよhappy01

この舞台の面白さって 色々な「勘違い」がベースなんですよね
私達の日常生活でもそうだけど 
勘違いから起きる笑いって
狙っていないだけに本当に可笑しいじゃないですかsmile

工さん演じる蓮太郎くんの 
真面目さゆえの暴走が本当に笑えます(≧∇≦)

舞台は生ですから 2時間もあれば
どうしても台詞を噛んでしまったり
抜けてしまうことがあると思うのですが
宅間さん そこに容赦なく突っ込んでくるんですよshock
その時は咄嗟に気の利いた返しをしないといけないから
キャストさん達みんな戦々恐々だろうなsweat01

これはアドリブ!ってわかる掛け合いも何か所かあったので
(素で笑っている時はわかりますから…) 
他の公演ではどう変わるのか観てみたいと思いましたねsmile

とにかくキャスト全員キャラが立っていて 「濃い」!!
誰が一人が主役なのではなく それぞれに見せ場があって
全員主人公みたい!って思いました

そして圧巻だったのがラストのダンスですnotes
めざましでもチラッと映りましたが めちゃくちゃ盛り上がりましたup

「笑う巨塔」のテーマソング「THANK YOU FOR YOUR SMILE」に合わせ
全員でパラパラありラインダンスありのパフォーマンス
客席もテンションマックスになりましたupupup

もうね~踊る工さんが最高に可愛いんですlovely
ちょっと恥ずかしそうで でもすごく一生懸命で…
ワンテンポ遅れた?みたいなシーンもご愛嬌ってことでcatface

最初は真顔だった工さんも 
最後はちゃんと笑顔で客席に手を振っていましたよpaper
(それに気を取られて芦名さんと何度もぶつかっていたけどsweat02

お芝居だけでも最高だったのに 
最後にこんな素敵なサプライズがあって
本当に遊園地みたいだなって思いましたevent

このダンスは私たちでも踊れそうな簡単な振りなので 
前説でレクチャーして みんなで踊れたら楽しいだろうなconfident

テーマソングもリピして覚えて行くとより楽しめると思いますnotes
(私の頭の中では今朝からこの曲がずっとループしてます…)

東京公演はまだチケットに余裕のある回もあるので
どうしようかな?って悩んでいる方は是非是非観に行って下さいねwink
絶対後悔しないと思います!!

チケットはコチラから

「笑う巨塔」関連のネット記事です

アジアエンタメLIFE

芸能ニュースラウンジ

ニコニコニュース

日テレニュース24

続きを読む "『笑う巨塔』初日 ※追記あり!" »

【A-studio】

面白かった~happy02

すごく中身の詰まった 濃い30分間でしたよねshine

時間が経つのがあっという間だったけど 
内容盛りだくさんで充実していたので 
物足りなさは感じなかったですcatface

鶴瓶さんが会いに行った 三池監督 御両親 
親友“弾ちゃん”のお話もすごく面白かったし
工さんの生い立ちや「人となり」がわかるエピソードを
鶴瓶さんが本当に上手に引き出してくれましたよねflair

今までも 色々なトーク番組の中で 
シュタイナースクール レンタルビデオ店制覇
パリの墓穴話などなど…
工さんのいわば「鉄板ネタ」的エピソードが何回も紹介されたけど 

鶴瓶さんは直球で突っ込み入れてくれるから 
同じ話をしていても「またこの話か…」なんて思わせないくらい楽しめたし
このエピソードを初めて聴く人たちも
きっと工さんに興味を持ってくれたんじゃないでしょうかeye

単にお仕事としてゲストとトークしているのではなく
鶴瓶さん自身が本当に工さんに関心を持って 
「会いたい」って思って取材してくれたからなんだろうなって
思いましたconfident

この番組は ゲストに事前に何も知らされていないから 
工さんのリアクションは本当に素だったみたいで 
普段あまり見られない表情がたくさん見られたのも嬉しかったなheart04


ところで オープニングでは 
工さんの名前を聞いたお客さんの反応が微妙でしたよねsweat01

観覧は若い女性が多かった印象だったんですけど 
これが工さんのリアルな知名度なのかな?

でも テレビ番組の収録を見に行ったことがある方なら
わかると思うのですが 観覧のお客さんには 
収録が始まる前にいわゆる「前説」があって
番組を盛り上げるために 
リアクションについて細かい指示があるんですよねflair

もしかしたら 前説で
「名前を聞いても『知ってるー!』とか
 キャーキャー言ったりしないように!」
って指示があったのかも?なんて思ってしまったのですがcoldsweats01
(あくまで私の想像ですけどsweat01)

でも 工さんが登場した時の「キャー」は絶対リアルだったはず!
だって生の工さんは
テレビで観るより5割増くらいでカッコいいんですからlovely


それにしても 終始笑顔満載の工さんで 
ツボがたくさんありましたよねflair

お姉さんの話を振られた時の
「…なんで知ってるんですか」の表情
めっちゃ素で可愛いhappy02

「大分はご飯が美味しいんですよね」
←ここを「メシがうまいんですよね」って言わないところが工さんsmile

親友の“弾ちゃん”が登場した時はすごく驚いていた様子だったけど
普通の人には全然驚いているように見えなかったんでしょうねcoldsweats01
翼ちゃんが「本当にビックリしていますか?」
って訊いていて爆笑でしたhappy02

(親友の小川弾さん 
 私は初めて聴いたお名前だったんですけど 
 工さんファンの間ではよく知られている方なのかしら?)

全裸話は全然照れていなかったのに 
下ネタしりとりの話の時には妙に照れて
前髪と鼻を触っている仕草が超可愛かった~lovely

鶴瓶さんの「触ったらアカン!」で爆笑している工さん
ここまでのクシャクシャ笑顔は滅多に見られないじゃないですか
鶴瓶師匠 ありがとうございます~m(__)m

ミニスカートの中に穿いている短パン(ってかレギンスだよね…)に
腕組みしてモノ申す工さんww
言い方は冷静だけど「健全な男子」な一面もしっかり伝わりましたよcatface


もちろん萌えポだけなくて 工さんらしい深い話もたくさん聴けましたshine

私達ファンにはすっかりお馴染みな工さんの持論flair

「役者さんって 名前がなくていいものだと思っているんですよ
「斎藤工っていうパーソナルな情報って 見るお客さんにとっては 
この人がどういう人でっていう前情報って 時として邪魔じゃないですか」

翼ちゃんもブログに「印象的だった」って書いてくれてましたけど
どんなに有名になっても 
きっとこれが工さんのブレない役者論なんでしょうねshine

新聞配達をしていた時間ですら
決して無駄ではなかったって言い切るのも素敵ですよね

どんな些細なことも 一見遠回りだと思うようなことでも
全て今の自分を作る上で必要だった…

有名になってお仕事が増えても 
決して奢らない(というか謙虚過ぎでしょcoldsweats01)のは
工さんの根っこにこういう考え方があるからなのかもって思いました

私達は 工さんのこういうところにも惹かれるんですよねconfident


それにしても…
街中で声をかけられることがあっても 
役名で呼ばれる事が圧倒的に多いという工さんsweat02

私がファンになったばかりの頃 この話をインタビューか何かで聞いて 
当時とても印象に残っていたんだけど 今でもそうなのかなぁ?
「最上の命医」以降 知名度は相当上がったと思うのですがup


そして最後に注目発言がありましたflair

「弾が結婚したらちょっと焦るかもしれないですね
 弾次第みたいなとこありますね」

弾くん!まだまだ結婚しないでねーーー\(;゚∇゚)/


エンディングで 鶴瓶さんが語る三池監督の言葉を
セット裏でじっと聞いている時の工さん
とてもステキな表情でしたよねconfident

演じている時の工さんは
30代とは思えないくらい若く見えることが多いけど
この時の工さんは等身大の31歳の男性だなぁと思いましたheart

そして…

「世間であまり知られないように 知られないように
 スターになっていただきたいと思います」

これ名言ですねshine

工さんの想いに寄り添っているし
ファンの複雑な気持ちを代弁してもらったみたいで感激しました
鶴瓶師匠 さすがですgood

余談ですが…

予告に映っていた松坂桃李くんの豊かな表情を観て
工さんの感情表現は客観的に見るとやっぱり独特だな
ぱっと見 冷静に見えるのも無理ないな~と
妙に納得してしまった私ですcoldsweats01

そして ガニ股でサルエルパンツの股を引っ張る工さん
めっちゃお茶目でしたねhappy02




工さんの魅力をたっぷり伝えてくれた『A-studio』
shine番組でしたlovely


この番組を観ていた 工さんのことをあまり知らなかった人の目に
『斎藤工』という役者さんはどう映ったのでしょうか?
気になりますね~

番組の後にネットで検索した人 たくさんいたんだろうなぁcatface

続きを読む "【A-studio】" »

『ONE MORE TRY!!』リリース記念イベント@福岡

6月は週末にことごとく予定が入ってしまい
当初池袋しか行けない予定だった今回のリリイベですが
6月30日に入っていた用事が延期になったので
思いきって福岡へ行くことに決めましたflair

リリイベのラストということもあったし
工さんが「こういうカタチはひと段落かな」
とVB日記に書いていたので
リリイベという形で工さんの歌を聴く機会は
これから先しばらくないような気がしたんですthink

今回の会場は前回までのキャナルシティから
郊外のマリノアシティ福岡に変更
海の近くのアウトレットモールの中にある
屋外のイベントステージで行われましたkaraoke

この日の福岡の予報は一日雨rain
イベント会場は屋内だと勝手に勘違いしていた私は
傘以外の雨具を持たず来てしまったのですが
一応屋根は付いているものの 
雨が激しく降ると濡れてしまう感じだったので
コンビニで慌ててカッパを購入しましたsweat01

朝から雨がパラついていて 会場に到着してからも
いつ降ってもおかしくないような空模様だったのですが
会場で座って待っている間に周りがだんだん明るくなり始め…
昼ごろにはなんとカンカン照りにsun

工さんの晴れ男伝説は健在でしたsmile

イベント開始20分くらい前に公開リハーサル
池袋では1時間半だったのに 場所によって違うんですねsweat01

登場した工さんは今到着したばかりという慌ただしい雰囲気で
服も私服っぽかったですshine
黒いハットが良くお似合いで 
デニムのパッチワークっぽいワークパンツをはいてました

開口一番
「…暑いっすねsweat02

そう、晴れたのは有り難かったのですが
めちゃくちゃ蒸し暑かったんですよsweat01

「僕は晴れ男らしいんですが、ちょっとやり過ぎですね
 雨男を募集します!」

これには会場から笑いがhappy01

早速『ONE MORE TRY!!』を歌おうとした工さんの前に 
2~3歳くらいのちっちゃい男の子がトコトコと近付いて来たのです

気付いて目を細め 手を振る工さん(ちびっ子も工さんも可愛い!)

工さんが歌い始めると 
その男の子はステージ前から動かず
リズムに乗って踊っているんですよnotes
踊るって言っても膝を上下するだけなんですけど 
その様子があまりに可愛くて 会場からは「可愛い~」の声heart

そのちびっ子 工さんが歌い終わると
ステージに上がって手を差し出すではありませんか
くしゃっと顔を崩して笑いながら笑顔で握手してあげる工さんに
会場は大盛り上がりですup

隣にいた工友さん「いいな~私もやりたい!」って言ってました(笑)

握手してもらってトコトコ去っていく男の子を見送りながら
「握手券ちゃんと持ってました!後で回収します」
と言う工さんに爆笑でしたhappy02

『ずっと…』もサラッと歌ってリハ終了

20分もしないうちイベント開始です
再び登場した工さん

全身着替えていて ハットも被っていませんでした
衣装は白いTシャツ(生地が薄いのでセクシーheart
黒いサルエルパンツ
襟元にはお約束の黒いストールをかけて 足元は黒いブーツ

…カ、カッコいい~~~heart04heart04heart04

深~く開いたVネックから見えるデコルテも 
はっきりと形がわかる上腕二頭筋も
もうもうセクシー過ぎて 
しばらくボーっと見惚れてしまいましたlovely

ゆるフワでナチュラルな髪型がこれまたすごーく素敵で
何よりお顔の調子が最強だったんです
(←失礼ですね すみませんsweat01でも工さんほど日によって
 お顔が変わる役者さんも珍しいと思いませんか?)
とにかくここ最近では一番の完璧なビジュアルに
ただただボーッとしている間にトークが始まっていましたcoldsweats01

福岡では毎回司会が男性なんですねflair
地元のFMラジオの方?(お名前わからず…)

暑さに弱い私は終始ボーっとしてしまい
いつもみたいにガッツリメモが取れなかったので
今回はほぼ箇条書きのザックリなレポになりますm(__)m

新しい会場の印象を訊かれた工さん
自分は東京出身なのでショッピングモールは新鮮だそうです

今までのイベントを振り返り
「燦々」の時が台本を6本(?)抱えていて
一番過酷だった…という工さん

「今はいいパワーバランスで臨めています
福岡の空気を吸って、充電させてもらいに来ました」

いつもスタジオだったり決まったチームとの共同作業なので
こういう場所は新鮮なのだそうです

司会の方が『愛と誠』の話を振ると

「あの作品は賛否両論なんですけどね 
 三池監督らしい作品だと思います」

工さんのご両親も妻夫木さんのご両親も 
もう何度も劇場に足を運ばれたそうですよ
懐かしい歌謡曲と今の俳優さんという
面白いエンターテイメントの融合で、
個人的にはすごく好きな作品…と工さん

このイベント終わりにぜひ映画館へ!
と勧める司会者さんの言葉を受け

「映画の僕は今日歌う僕とは違って炸裂しているけれど
 両方楽しんでいただけたら…」

と工さんからもオススメしていましたwink

そしてアーティストとしての話題へ

「デビューして一周年ですね!」に会場から拍手

「こんなにコンスタントにリリースするつもりはなかったので
 自分でも驚いています
 今日で『ONE MORE TRY!!』のリリースイベントは最後で
 この後いつどこで歌うかは全く未定なので」

池袋でも言っていましたが
俳優業と並行し辛いし なかなか次が見えにくい…と

今回のリリイベではここを強調していた気がするので
やっぱりこれからしばらくは役者業に専念するのかな…
と思いながら聴いていました

「なので 今日は大事に丁寧に歌います 
 ひとまず締めくくりたいと思います」

半端なものを表現する方が失礼な気がする
自分の中でやるべき事はハッキリ見えているし
僕なんて歌は下手くそだし歌唱力もないと思うし
心を込めることをモットーに音楽活動をしてきた…

と 言葉を選びながら話していました

お姉さんが九州で音楽活動をしていたり
いとこが兄弟でバンドをやっていたり…と音楽一族なのに
僕だけ音痴で楽器もできなくて音楽レベルが低い…
と謙遜を超えて自虐的な工さん
全然音痴じゃないですよね~?!

『ONE MORE TRY!!』について

3枚目のシングルは突発的だったが必然性も同時に感じた
自分はまったりのんびりしているので
自分を奮い立たさえる必要があった

「20(%)を80、100に近付けないと歌っちゃいけない曲なので
それこそトライするつもりで歌いました」

ちょっと難しかったのですが…
完成した姿を観せることも大事だけど、
自分が向かっている方向性に労力を使っている姿
トライしている姿を観てもらうことで伝わることもある…
みたいな事を言っていたかな(うろ覚えですsweat02

『ONE MORE TRY!!』を歌う前に
「心を込めて歌います」と言っていたのが印象的でした

そういう目で観ていたせいかもしれないし 
歌い慣れたのもあるだろうけど
池袋で聴いたときの何倍も情感がこもっていて
丁寧に歌っているなぁと思いましたshine

歌い終わって 太陽の向きが変わって
客席に日差しがかなり進出してきたのに気付いた工さん

「だいぶUVに攻められていますが大丈夫ですか?」

とお約束の気遣いをしてくれますsmile

PVの話

「原点回帰じゃないけど 余計なことをせず
 シンプルにPVとして成立させようと思いました」

笑顔がキーワードの曲だけど 笑うことは意識しなかった
今回はバンドセッションだったので
人と人との関わりの中で自然に笑えた

ここからだんだん工さんらしい難しい表現になったので
全く覚えていないのですが 
要は理屈ではなく自然に笑えた…という話でした
(すんごいザックリsweat02

PVの話から音楽活動の話に戻り

「ここにいる人たちとしか生まれない空気があるので
 特有のものを楽しむべきだと思いました」

音楽活動自体が恥ずかしい工さん
普段は役に憑依して隠れ蓑になってもらっているので
それがない状態で歌うのが恥ずかしい…と

震災後自分ができることを考えた時
これから未来を作るためのヒントは
自分の過去にあると気付いた
布石の先に自分のできることがあって 
自分のできることを考えた時に音楽に辿り着いた…

みたいな話だったと思うのですが
今回の工さんの話はいつもに増して哲学的というか
表現が難しかったですsweat01

「(『ONE MORE TRY!!』が)いい伝染をして
 1ワットでも受け取った方の日常を明るくすることを願っています」

「今日が最後なのは勿体ないですね ライブとか観たいですよね?」
と客席に問いかける司会者さんに会場から大きな拍手

『ココロのグルリ』もあるので持ち曲は結構ある…と乗っかる工さんに
これはライブを期待してもいいの?的流れになるかと思ったら

「ここに僕がいつもカラオケで歌う
 さだまさしさんや和田アキ子さんも加えたら…」

とカラオケのレパートリーに
サラッと話題をすり替えられてしまいましたcoldsweats01

「次に福岡に来るのは舞台ですね」と舞台の話題に

舞台のタイトルが『笑う巨塔』なので
奇しくも「笑う」「笑顔」がキーワードになっている

色々な戯曲の中から笑いの感染・伝染を突き詰めたものが選ばれ
2012年に関われることはすごく意味のあることだと思う…
って言ってました


舞台の宣伝をしたあとは 現在撮影中のドラマの話題に

撮影がどこまで進んでいるの?と質問する司会者さんに

「あまり具体的なことは見せない方が…。
 素直に作品を楽しんで欲しいので」と工さん

すごい内容の男性向けの原作だけど 人が描かれているドラマ
やりがいがあってすごく面白いそうです

「主演の丸山くんとも息が合って。
 “はじめまして”だったんですけど
 お互いの繊細な部分がすごく似ていて
 いい現場になっています」

これすごく嬉しかったですconfident
マルちゃんは明るいムードメーカー的存在で 
ギャグを連発してその場を和ませてくれるキャラなんですが
実はすごく繊細な部分を持っているのはファンの間では有名なんです

まだ知り合って間もないはずのに
そういうところに気付く工さんは本当に人を良く見ていると思うし
工さん自身が繊細だからこそなんだろうなぁと感じました

そして大河ドラマの話題から昨年参加した「会津エンジン」へ

会津の町じたいがパワフルで、エリアのパワーを感じた
それは福岡・九州にも感じること

そこから大河ドラマの話をしていたのですが
マルちゃんの話でテンション上がってしまって
すっぽり抜けてしまいましたm(__)m

一気にしゃべり切って一息ついた工さんに
「大丈夫ですか?」と司会者さん
「大丈夫ですよ!」と笑いながら
いつもよりトークが長いと思ったのでしょうか?
「すいません もうちょっとですから」
と客席を気遣う工さんが可愛かったですcatface

ここで2曲目の『ずっと…』の曲紹介をする司会者さんに
「『空に太陽がある限り』を歌いましょうか?」と工さん(笑)

これに会場は大盛り上がりで
「歌って~~」コールが起きますが
レコード会社が違うのでさすがに無理とのことcoldsweats01
(でも本当は歌いたいんじゃないかな~smile

そして『ずっと…』を伸びやかにしっとりと歌い上げましたkaraoke

最後にひと言

「僕のことなんて知らなくてたまたま居合わせた方も
 ずっと支えてくれている方も。  

 表現することは一方通行になりがちで
 受け取る方がいて初めて成り立つ仕事で人が必要な仕事だなぁと。 
 言葉で説明できないものを作品に込めて
 場所や言葉、国境を超えて届ける仕事だと思っています。
  
 僕はいつも「支えられる」という表現をしていますが
 支えられるというより守られているという意識に変わっています。
 内側を受け止めてくれる皆さんのおかげで表現ができているので
 これからも内側のコラボレーションをさせて下さい。
 本当に本当にありがとうございます。
 皆さまの明日が輝かしく笑顔が多いことを心から願っています
 本当にいつもありがとう!」

工さんの想いのこもった挨拶に割れるような拍手の中
ひとまずイベントが終了しました

そして握手会
池袋の時より握手を待っている時の工さんとの距離が近かったので
並んでいる時からずっと緊張してしまいましたsweat01

ビックリしたんですけどね このイベントに
工さんのそっくりさん(もちろん男性)が参加していたんですよwobbly
背格好や髪型が似ているだけでなく
ファッションが工さんに激似なんですsign03
アースカラーのカットソーにジレ
カーゴパンツをブーツにインしていて
後ろ姿を観て「工さん?!」って思った方多数だったと思いますcoldsweats01
良く良くみると 工さんよりガッチリした体型なのですが
彼女さんらしき女性と一緒で
工さんとしっかり握手されていましたよcatface
イベントに男性ファンがいると何だか嬉しくなりますよね
工さんも嬉しそうに握手してました(何を話していたのか気になる~)

毎度のことながら何を話そうか悩んだ私ですが 
どんな形でも工さんにはずっと音楽をつづけて欲しいと思ったので
その気持ちを伝えました

握手会が終わり、本当に最後の挨拶です

「暑い中ありがとうございました
 皆さん僕のことなんか心配して下さっていますけど 
 僕が来るずっと前から待っていたり
 立たされたり体力的に消費していると思うので
 体調管理して下さい それが心配です」

と私達への気配りを忘れない工さん 本当に優しいですweep

「音楽活動することに自問自答しているけれど
 皆さんと同じ空間にいる時間が全て払拭してくれます
 僕の家には大きな世界地図が貼ってあって(日本が隅っこにあるもの)
 自分が音楽活動で行けた場所や舞台で行く場所を見つけ
 自分のしている事がここまで届くんだ…と。
 閉じこもった作業の先に広がっていくものを
 今日皆さんからいただいたパワーと体温からから感じて
 明日からまたがんばれます

 皆さん笑顔でいてくれますけど 子どもでも大人でも
 きっとみんな多かれ少なかれ十字架を背負っていて
 苦しい部分が絶対あるはずで。
 それを忘れるというより乗り越えるために
 一緒に光の射す方に向かうような表現を目指しています
 
 苦しみやキレイじゃない部分も必要で
 挫折も含めて自分の表現に繋げていくので 
 皆さんもここから帰ってからいい事も悪いこともあると思うけど
 みんな同じなので それに負けず前を向いて 
 無理しなくていいし 上を見なくていいから下も見ないで
 前を見て進めたらいいなと思っています 

 横一線だと思っているので これからも仲良く
 人として付き合っていきましょう
 今日はホントにホントにありがとうございました」


こうして「ONE MORE TRY!!」のリリースイベントが全て終了しました
今回も忙しい中でのイベントになってしまったようですが
無事終わることができて本当に良かったですconfident

いつも思うのですが 
どうして工さんはこんなふうに人の痛みにまで
気持ちが向けられるんでしょう?
もちろん優しい人だからなんだろうけど
きっと工さん自身が人一倍感受性が強くて
傷付きやすいひとだからなんだろうな…って思いました

辛いのは自分だけじゃない…そう思えるだけで
気持ちが楽になることもありますよね

工さんの最後の挨拶 
すごーく心の深いところに刺さりましたconfident



私はいつも東京のイベントに参加しているので
ついつい比べてしまうのですが
今回みたいに地方でのイベントに行くと
工さんの表情や様子が違うことに驚きますwobbly

何て言うのかな…
すごく穏やかでリラックスしているんですよね
やっぱり東京のイベントは一発目だから緊張するし
マスコミの取材が入るから仕方ないのでしょうが
同じような表現でも邪魔するものがないからかな?
スーッと心の中に入ってくる感じでしたshine

工さんの言う「地域の持つパワー」も大きいのでしょうね
私も工さんと一緒でいわゆる「ふるさと」がなくて
学生時代 長期の休みに帰省する友人がすごく羨ましかったので
何となくわかるんですよね

今回の福岡 前回の札幌
「燦々」で行った名古屋や大阪でも
その地域独特の雰囲気というか 力をすごく感じました

私自身も 福岡なんて何回も来たことはないのに
東京に居る時より何だか気持ちに余裕があって
リラックスできた気がしましたconfident

前回の「サクライロ」で札幌に行った時は
あくまで「サクライロ」のイベントは終わるけど
こんなに一段落を強調していなかった気がするので
やっぱり今回を持って
「CD発売→リリースイベント」という形式はなくなるのかな…
と思うと何だか淋しくなりましたが
最近「音楽との向き合い方を考えている」と言っていたので
きっと思うところがあったのでしょうねthink

どんな形でもいいから 音楽は続けて欲しいな
音楽に対する工さんの気持ちを応援したいし
何より工さんの歌声が単純に好きだからwink

メジャーデビューした頃 工さんはよく
「60歳になった頃場末のバーで歌っていたい」
なんて言っていましたよね
それくらい細く長く音楽を続けてくれたら嬉しいけど
できたら私がおばあちゃんになる前にライブやって欲しいかなcoldsweats01

【プレミアの巣窟】

昨日の深夜放送された『プレミアの巣窟』
工さんの公式にアップされていたので録画したところ
『笑う巨塔』のプロモーションでしたflair

この番組はどうやら関東ローカルみたいなので
サラッと内容をご紹介(ほんの2分くらいですがsweat01

東京セレソンデラックスのラストを飾るのは
劇団史上最大にして最後の全国公演『笑う巨塔』
病院のロビーを舞台に繰り広げるワンシチュエーションコメディ作品
出演は宅間孝行をはじめ芦名星 斎藤工 金田明夫ほか
実力派俳優たちが顔を揃えます

予告ムービー(YouTubeとは違う部分かな?)に
手を叩いて爆笑している工さんが映ってました
(珍しい~!)

ここで工さんのコメント
「何か1ワットでも明日が明るくなる…っていう芝居にしたいです」

スタジオの天野っちから
「カッコイイ~!普段からこんな感じなんだ!!」
なんて言われてましたsmile

最後は笑顔でさようなら
勘違いや行き違いが交錯して 笑いと涙を巻き起こす
セレソンワールドにご期待下さい!

「いや~オレ斎藤くんと同じ考えだよ!1ワットでも明るくなれば…」
と早速工さんのカッコいい発言をパクる天野っちsmile
(坂下千里子さんに「うるさいわ!なにそれ!」って突っ込まれてたpunch

コメントは工さんだけでしたよshine
それだけ注目されているのかなcatface

YouTubeに『笑う巨塔』の予告ムービーがアップされていますflair
私のブログにはフルサイズで貼れないので、リンクです
(「笑う巨塔」で検索すると見つかりますよ)

これは面白そうsign03

続きを読む "【プレミアの巣窟】" »

『ONE MORE TRY!!』リリース記念イベント@池袋

昨日 6月20日 工さんの3rdシングル発売日
池袋サンシャインシティアルパにて開催された
恒例の発売記念イベントに行ってきましたnotes

台風の影響が心配されましたが
幸い夜のうちに通過してしまったようで
朝から真夏並みの晴天にsun

交通機関の乱れはあったものの
何とか朝9時からの優先スペースの抽選に間に合いましたdash
番号は微妙だったのですが
取りあえず整理券がもらえたので一安心
(180人くらいが並んでいたと思うのですが
 ハズレはなしで全員整理券がもらえましたgood

優先スペースの集合時間は午後4時40分なので 
一度帰宅して 家事を済ませて出直しましたよdash

午後3時過ぎから人が集まり始め
4時からのCD発売には長い行列が出来ていましたsweat01

イベント開始の1時間半前くらいから公開リハーサルがあるので
それを観るのがリリイベの楽しみの一つなのですが
今回少し開始が早かったんですsweat02

リハーサルに間に合うように…と急いでトイレに行っている間に
工さんが登場して『ONE MORE TRY!!』を歌ってしまい
慌てて戻った時は『ずっと…』を歌っているところでしたshock

優先スペースの集合時間があるので ステージの傍ではなく
集合場所のある3階の吹き抜けから見下ろす形工さんを観たのですが
白いシャツに紺のパンツ、サンダル履きのラフなスタイルで
一番だけサクッと歌ってはけていきました
何かしゃべっていたようですが聴き取れず…後悔しきりですcrying

これからイベントに参加される皆さん
トイレに行くタイミングには注意して下さいね!
(もう何回もリリイベに参加しているのに学習能力のない私…sweat02

さて 午後6時 いよいよイベント開始です
集まった人は「サクライロ」の時と同じくらいかな?
前回より取材陣が増えていて
注目度が上がっていることを実感しましたshine

まず司会の椎名由紀さんが登場flair
工さんのイベントと言ったら椎名さん!
っていうくらいファンにはお馴染みの方で
工さんのことを良くご存知だし
面白さを引き出して下さる方なので
「これで今日のトークも大丈夫!」って安心しました

「皆さん、工さんに会いたいですか~?」

の言葉に大きな拍手が起こります

「昨日じゃなくて今日で良かったですね!
 工さんにこの蒸し暑さを吹き飛ばしてもらおうと思います」

「本人まだ出たくなかったみたいで 椎名さん行かないで…
 って言ってるのを振り切って来ました」

に思わず笑ってしまいました(可愛い~heart04

椎名さんの紹介で工さんが登場すると
「キャ~~」とたくさんの黄色い声・声・声happy02
今回で3回目のリリイベですが
確実に歓声が増えていると思いましたよwobbly

まずはひと言

「ウソでしょ?ってくらい人がいて。
 僕ホントに人前が苦手で リハビリのような仕事をしてます
 有り難いですけど、今日は皆さんをカボチャだと思うことにします!」
 →ココ、テレビで使われていましたねsmile

いつもの工さんらしい挨拶に会場から笑いがhappy01

「誰だあいつ?って方もいると思いますが…“たくみ”って読みます」
と謙虚な自己紹介にまたまた笑い

早速新曲について椎名さんが質問します

椎名さん
「ROUGEの奥野さんの曲のカバーですが、最初に聴いた時の感想は?」

工さん
「奥野さんの表現は力強くて、言葉にパワーが宿る方で
 正直自分とは遠い世界観だと思いましたね。
 よっぽど頑張らないと歌ってはいけないなぁと」

椎名さん
「前2作に比べるとポップ感が高いですよね?」

工さん
「タイトルにビックリマークがついているけど
 僕は人生であのマークが付く瞬間ってゴキブリを踏んだ時ですね」

これには爆笑happy02

メールでも「!」マークは使わないので頑張っているそうです

「そんな日常では使わないビックリマークを…」と続ける椎名さんに
「いえ、ゴキブリを踏んだ時だけは…」

とダメ押しする工さんにまたまた爆笑(≧m≦)

椎名さん『ONE MORE TRY!!』と歌う工さんを
「ポップたくみ」と命名してました(笑)

ここで真面目に

「プロジェクトとして
 この楽曲を違う人間がカバーすることに意味があって
 自分の曲というより大きなバトンを渡す役割があると思います」

とコメント

次にPVの話題になったのですが
ギターは全編を通して弾いているわけではなく
部分的に誤魔化しながら…と
訊かれる前にネタバレしてしまう工さんsmile

椎名さんから
「何割くらい弾いているんですか」と訊かれ
「割合とか訊いちゃうんですか?」と苦笑いです
「6.7割くらい」という答えでしたが「気持ちの上では…」
って言っていたので 実際のところはわかりませんねcoldsweats01

そこでなぜか「6割引ですね」と割引セール的な流れになり
「閉店間際な感じですね」と笑いを取ってましたhappy01

「弾き語りは大変ですよね?」との質問に
「カッコいいですよね!」と工さん

「でも変顔とかできないし
 クールなままでいないといけないでしょう?」
と言う椎名さんに

「裏側はいつも酷いですよ!編集技術のおかげです」

「バンドセッションはいかがでしたか?」の質問には

「今までは基本的に個人でやってきたけれど
 PV撮影の時だけでもみんなで奏でたことで
 これが音楽の本質だと思ったし
 この楽曲はこのスタイルが合っていると思いました」

本当はバンドメンバーにも来て欲しかったけれど
みなさん都合があるし、自分は6割しか弾けないから…と
またまた6割ネタで笑いを取りつつ

「周りのメンバーから受けるものと
 自分が話すことで化学反応が起きて
 素直に笑っているなって思いました」

とPVの笑顔を分析していました

「PVのメイキングは楽しめる内容ですよね?」
と問いかける椎名さんに
「?僕に訊いているんですか?」と返す工さん(笑)

「もうしんどいですsweat02僕本当に人前が苦手で…」と
 確かにすごく緊張している様子ですcoldsweats02
「できたら帰りたい」とお約束のフレーズも出てしまいましたcoldsweats01

「でも、朝早くから、遠くから来て下さった方のためにも
 そうはいかないです」とフォローしてましたが

ここで椎名さんが
「斎藤工 カッコいいと思う人!」と客席に向かって言うと
もちろん大きな拍手が起きたのですが

「…たいしたことないです」とボソッと返す工さん

「ホントに腰が低くて…いつからへりくだり精神が身に付いたんですか?
 もっとキャーキャー言われても…」

と不思議そうに訊く椎名さんに

「そう思ったら、その瞬間僕の役者人生が終わります」とキッパリ!

役者を始めたころ
「オマエなんて石を投げれば当たるくらいの確率で
いるようなタイプなんだから、もっと個性を磨け」
と言われたことがずっと心に響いているんだそうですshine

「代わりのきかない部分はどこにあるのか?ということを考えると、
 新しいことではなく、今まで自分が生きてきた時間しかない」と
 真摯に語る工さんでした

ここで椎名さんが
「工さんはこういう話を始めると
 止まらなくなって深くなってしまうので…」
とサラッと話題を変えてくれました

椎名さんのこういうところがすごいなって思うし 
好きなところですconfident

私達ファンは工さんのこういう深いお話を聴けるのが嬉しいけど
解放された空間でのイベントであまり深い話をしてしまうと
通りすがりの方は「???」ってなっちゃいますからねsweat01

ここで曲に移りますkaraoke

曲紹介でもまた「ポップたくみに歌っていただきましょう!」と
ご自身が命名した「ポップたくみ」が
気に入っている様子の椎名さんですsmile

初めて生で聴く『ONE MORE TRY!!』にすごくドキドキしたけど
工さんはその何十倍も緊張していたでしょうねsweat01

でも、すご~く良かったですよheart04
最後の1オクターブ上がるところもちゃんと声が出ていたし
すぐ手拍子が起こって
今までのリリイベでは一番ノッている人が多かったんじゃないかな?
(ちょっと歌詞間違えちゃって「しまった」って顔になってましたけどね…)

歌い終わった工さん ホッとした表情でした

「決してテンション低いわけではなく、いつもこれくらいでなんですよ~」
と初めて工さんを観た方へ説明する椎名さんに
「…戦場カメラマンか?」と自分に突っ込みを入れる工さん(笑)

「僕は中二の時から電話で父に間違えられて
 勧誘を断ってました 斎藤です」と笑いを誘います

椎名さんが『ONE MORE TRY!!』がドラマのエンディング曲だと
説明を始めた時 突然マイクを外さないまま
「はぁ~ ふぅ~」と大きく深呼吸する工さんに爆笑ですhappy02

「今日も頑張って生きてますsweat01マックスです」

遠くでぴょんぴょんはねている女子高生を見つけて
「その元気を分けてくれ!」
これには椎名さんも爆笑でした(≧m≦)

「アーティストとしての変化はありましたか?」

の問いに真面目に応えるかと思ったら

「もう三回目なので、サンシャインシティの裏導線
 (業務用の通路ですね)はバッチリだし、
 入っている会社の裏事情が見えてきたのが
 僕が音楽活動を始めて得たものです」

とボケる工さんに

「それ、アーティストとしてじゃなくて
 単に道を覚えただけじゃないですか!」

と突っ込みを入れる椎名さんsmile

「一人で入れるし一人で帰れる!」
と自慢気に話す工さんが可愛かったですcatface

ふと取材陣に目をやり
「一生懸命書いてますけど、ここ記事にしないで下さいよ」
って釘をさしてましたcoldsweats01

続いて俳優業の話題へ

「愛と誠」の話題を振る椎名さんに
「あ、その曲を歌えば良かったですね!」
これにはもちろん会場から「聴きた~~い」コールup

「俳優としての斎藤工とアーティストの斎藤工の違いは?」
の質問に

「アーティストは隠れ家がないですよね。
 役者は作品や役柄に身を潜められる。
 セリフを本音で表現しても、どこか役に助けられているんです。
 でも音楽は、自分の楽曲ではなくても自分の本質が出てしまうので
 恥ずかしい」

3~4人で行くカラオケでも恥ずかしいんだとか

工さんの中で歌という表現はとても大きくて
上手い下手でも、誰かの真似でもなくて
恥ずかしい部分を出すことなんだそうです

「ということは、斎藤工は 
 皆さんの前で恥部を公開してしまったんですね?」
と工さんの鉄板ワード「恥部」を先に言ってしまった椎名さん(笑)

そこに乗っかり
「恥部を肥大させて、広げて公開しているって感じですかね?」
と更に過激な発言をする工さんに
さすがの椎名さんも

「ここだけ聴いたらビックリですよね!」
と冷や汗かいてましたcoldsweats01

「記事にしないで下さいね」ってお願いしていたけど
「スッキリ!」でバッチリ使われてましたよね しかもテロップ入りでsweat02

「一見文学的だけど、オブラートをはがすと“ドしも”ですよね!」
ってスタジオで言われてましたよsmile
でも天の声さんが「イケメンは何を言っても大丈夫!」って
フォローしてくれたけどwink

話を戻し「隠れ蓑はないんですか?」と質問する椎名さんに
「髪を伸ばしたいです!今坊主な感じなんで。素っ裸です」と工さん

でも「奥野さんからのバトンをちゃんと伝える使命があるので」
と真面目に〆てました

工さんの下ネタにもすっかり慣れている椎名さん
「工さんは今恥ずかしい部分を公開しているということなので
色んな角度から舐めまわして観て下さいね!」なんて言ってましたよcatface

話題は「ココロノグルリ」へ

5年経っているけど、当時今と同じ精神でぶつかった作品
カッコ付けず、真剣に音楽と向き合ったそうです
今聴いてもどれも甲乙付け難くて、時空を超えている気がする…
と真面目にコメントしていたのに

突然
「汗がすっっっっごい出てきた!これ感電するんじゃないですか?」
と額をぬぐいます←ここも「スッキリ!」で使われていましたねsmile
確かに遠目でもわかるくらいすごい汗でしたwobbly

頻繁にペットボトルのお水を飲む工さんに椎名さんが
「お水飲むとよけい汗が出ますけど、まぁ汗も美しい斎藤工ですからね!」
って呟いたのが面白かったですcatface

「今後ライブの予定は?」とみんなが聞きたがっている質問には

「俳優業と音楽の両立はなかなか大変で、予定が組めないんですよ」
と工さん

この日も朝にとても大変なシーンの撮影があって、
翌朝も大変な撮影があるんだとか

そういう時間を縫ってのイベントなので
俳優業と音楽を両立させることの大変さを痛感しているそうですsweat01

まだ具体的に言えないけど
そもそも被災地ライブをしたくて音楽を始めたことは忘れていないので
また皆さんの前で恥ずかしいながらも繋がれる空間を作れたら嬉しいです…
とまとめました

ここで二曲目の『ずっと…』を歌います

ずっと聴きたかった工さんのバラードnotes
うっとりと酔いしれましたlovely
「自分マニア」も聴きたかったけど
どちらか一曲ならやっぱり「ずっと…」が嬉しいかな

歌い終わり
「皆さん“ずっと一緒にいるーー!”って思ってますよ!」
と言う椎名さんに照れたのか
「あそこで食べ放題やってますね~」とボケる工さんsmile

「『ずっと…』を歌いながら食べ放題のことを考えていたと…?」
と突っ込まれ
「いやいや!緊張するととんでもないところに意識が行くので」
と必死に言い訳してましたcoldsweats01

工さんはこういうショッピングモールでのリリイベだと
周りのお店をいじるのがお約束なんですが
この噴水広場で毎回推しているアクセサリーショップがありまして
今回もネタにするのを忘れていませんでしたcatface

「推すだけ推しておいてお店を覗いたことが一回もない!」
と暴露しつつ
「無責任なこともさり気なくカッコ良く言える斎藤工です!」
と笑いながら言う椎名さんでしたsmile

ここで突然「あ~緊張した~」と工さんsweat01
相当テンパっていたんですねdespair

「ホッとした?」と訊く椎名さんに
「いや、明日の朝にならないと…」
緊張が取れるには時間がかかるみたいですcoldsweats01

あっと言う間にイベントも終わりの時間になり
最後のひと言ですkaraoke

『愛と誠』は全員格好を付けていなくて
むき出しのものを見せている
70年代を描いた作品は感情をむき出しにしていて
それが人間らしくて 原作から響くものをもらった

今はCDが売れない時代だが ライブには人が集まるように
温度や体温があるものを人々は求めていると思う
(CDリリースのイベントで「売れない」はマズいと気付き
 しきりに謝ってましたsweat01

ここで「…ごめんなさい」と絶句してしまった工さん
頭の中が真っ白になってしまったそうですsweat01

「いい感じの話をしていたんですけど、飛んでしまいました」
トークは得意なのに そんなこともあるんですねwobbly

表面的ではなく
自分の恥ずかしい部分を全面に出して表現することが
人の心を打つのではないかと思う
その代表が『愛と誠』だと思います
整えたものより、ギザギザしていても
「まんま」な表現をしていきたい

「いつも僕に居場所とパワーを下さってありがとうございます
 今日はありがとうございました」

このひと言に工さんの想いが詰まっている気がして
何だか泣きそうになりましたweep
(工さんには「じゃあ泣くまで待ちます」って
 突っ込まれそうだけど…)

この後プレスの取材が入り、握手会へ移ります
今回は握手会の様子もバッチリカメラで追っていてビックリ
明日はよく芸能ニュースで見るような握手会の光景が流れるのかなtv

マスコミ陣も回を追うごとに増えていて
工さん自身はきっと変わらないだろうけど
周りの状況は確実に変わり始めていることを実感しましたshine

今回の握手会は、今までの池袋で一番ゆっくりだった気がします
というのも、ファンを流すスタッフさんが
いつもと違う女性だったんですgood

そのスタッフさんは控えめに肩に触れる程度だったので
みんなしっかり握手&お話ししている感じでしたね
どこの会場も、ムラなくこれくらいのスピードで
握手させてくれたらいいのに…などと思いながら
握手のあと 恋する少女みたいに頬を染めて
小走りにステージを降りてくるファンの皆さんを
ウォッチしていた私でしたeye
(もちろん自分も同じ表情をしていたと思いますがlovely

握手会が終わり、最後の挨拶です
遠くにいたので聞こえ辛かったのですが…

こういうイベントの時は誰もいない会場を想像してしまう
この場を与えてもらえることで自分の存在証明ができる
自分にしかできない表現をしていきたい

イベントは楽ではないけど
終わったあととてつもないエネルギーを充電させてもらえる
皆さんも明日から色んな現実が待っていると思うけど
僕もそうだけど、頑張りたい

話の前後は聴き取れなかったけど
「斎藤工は本当に死ねる!」と言って会場を沸かせていましたup

「いつも居場所をありがとうございます
感謝の気持ちを一つ一つ込めたいと思います
気を付けてお帰り下さい
ありがとうございました」

こんな感じのリリイベ@池袋でした

ありきたりな言葉でしか感想が言えない自分が情けないですが
本当にステキで温かくて幸せなひと時でしたshine

私もいっぱいいっぱいエネルギーをもらったので
今日から頑張れそうですrock

「スッキリ!」では歌もトークも映っていて嬉しかった~lovely
この数分間の録画でしばらく萌え補給できますwink

続きを読む "『ONE MORE TRY!!』リリース記念イベント@池袋" »

キスの日

昨日、工さんの公式HPに

6/14(木)発刊 朝日新聞 
「キスの日」広告
大切な人との絆~ロマンチックWEEK~

と情報がアップされましたよねup


我が家は朝日新聞を購読しているので
「ラッキーgood」とウキウキしながら
いつもは息子が取りに行く朝刊を
張り切って早起きして取りに行ったのですが…




どこを探しても ないshock

工さんの広告記事が見つからないんですbearing
朝日新聞を購読している工友さんに確認しても
やっぱり「載ってない!」

それもそのはず 
掲載されるのは東京版の夕刊だったんですねsweat02
(駅やコンビニで朝刊買っちゃった人いるんじゃないかな~)

うちは夕刊は取っていないのですが
販売店にお願いして持って来てもらいましたsmile

新聞紙をスキャンしたのであまり画像は良くないけど
素敵な記事ですよheart04



ちなみに…
今日6月14日の「キスの日」は
日本ではなく韓国のイベントなんですねflair
(日本のキスの日は5月23日だそうです)

5月14日の「ローズデー」にバラを贈り合った恋人たちが
一ヶ月後にキスを交わす日として
韓国で生まれた記念日だそうですkissmark
ロマンチックですねheart

続きを読む "キスの日" »

【シネホリ!】

日本映画専門チャンネルの「シネホリ!」という映画情報番組に
工さんが「愛と誠」のインタビューで出演しましたtv
(コメントで教えていただきました  Kさん ありがとうございますheart

短いながらも濃い内容だったので(映像を交えて6分くらいかな?)
レポってみました

ちなみに…
このチャンネルはCSの有料放送なのですが
「シネホリ」は無料放送なのです
(wowowの映画工房みたいな感じですねflair

なので、映画工房が観られるテレビなら多分映ると思います
映画工房みたいに再放送が何回もありますので
見られる環境の方は是非♪

これから先の放送予定は
6/10 20:30~
6/11 10:45~
6/11 26:20~
6/11 28:30~
6/13 23:50~
6/15 18:20~

となっておりますwink
録画はwowow同様コピーワンスなので
何回も放送してくれてありがたいですね

wowowと同じBS放送の番組表で見つかりますよeye
(BS放送255チャンネル)

続きを読む "【シネホリ!】" »

スケジュール帳

工さん情報がてんこ盛りの6月shine
ちょっと気を抜くと テレビとか雑誌とか…
うっかり見逃してしまいそうですよねsweat01

一応トップに「工さん情報」の記事を置いているのですが
どんどん書き足していくので見辛いし
日付け毎に記載していないので
その日の予定が把握しにくかったんですsweat02

そこで 工さんの露出情報が一目瞭然でわかるように
カレンダー形式のスケジュール帳を
右のサイドバーに置いてみましたflair

カレンダーの日付をクリックすると 
その日の予定がポップアップで見られるようになっていますup

あくまで自分の備忘録として置いているので
地域によって放送日が違うものは
関東地方の放送日しか記載していませんし
日程が決まっていないものや
あまりに先の予定(舞台とか)も記入していてませんsweat02

公式発表される前の情報や 
工さんの公式サイトに載らないものも記載するつもりですwink
(トップ記事の「工さん情報」は公式発表ベースです)

まっ こんなテキトーな感じですが よろしければご覧下さいheart

さてさて 今夜は「DEEP A」ですねheart04
工さんのセクシーなささやきボイスが楽しみlovely

そして来週はなんと!ついに「はなまるカフェ」デビューですよshine
主婦のハートをガッチリ鷲掴みしちゃいそうですねsmile
(TBSで何か宣伝あったかしら?映画?それともCDかな~cd

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ